沖縄の格安ホームページ制作は月々の維持費・管理費0円のリアサポートデザイン事務所

沖縄のホームページ制作は月々の維持費・管理費0円で制作費のみ格安提案のリアサポートデザイン事務所まで

常時SSL化(HTTPS)、ご依頼ください

SSL設定とは?

このような警告、見たことないですか?

スマホでも同様に、情報収集をしていたら似たような画面が表示されたなんてことはないでしょうか。
不安を煽るこの画面、SSL対応をしていないと出てきます。

この警告が出ていてもサイトは閲覧できますが、

第三者から情報を盗まれたり、サイトを表示できなくなるかもしれません。

そもそもSSLとは

SSLとはSecure Sockets Layerの略称で、
我々ユーザーとサーバー(ウェブサイトや各ウェブサービス)との間での
データ通信を暗号化し、送受信させるシステムのことです。

SSL化をしないことによるデメリット

ホームページが正しく表示されない

近年、Googleでは混合コンテンツ(同サーバー内にhttpとhttpsが混在しているウェブサイト)は段階的にブロックされ始めています。

各端末やブラウザでSSL未対応のサイトへの警告が表示されるようになった現状を踏まえると、将来的に警告なしで表示されなくなる可能性もないとは言い切れません。

参考:※SSL化しないとサイトが表示されなくなります※

情報漏えいの危険性

これはホームページの運営者だけでなくユーザーにも起こり得る代表的なリスクです。
SSL化を行わない=第三者がアクセスできてしまう状態だと、ウェブサイトの乗っ取りやなりすましなどができてしまいます。
メールアドレスの漏洩によってスパム・迷惑メールが来るようになり、最悪の場合、クレジットカード情報や住所等知られてはいけない個人情報の漏洩につながります。

検索順位が落ちる

ユーザーに快適にウェブサイトを閲覧してほしいと考えるGoogleは各ウェブサイトのセキュリティ面を重視しており、それらの考えは検索順位に反映されています。
その点、常時SSL化されていることは安全な接続であることの証明になります。
つまり、SSL設定を行っていないホームページでは検索順位で上位に行くことはできないと言っても過言ではありません。

参考:常時SSL化は猶予なし?!httpsの変更を勧める3つのメリット
参考:常時SSLの本格化、7月24日についに始まります

表示速度の低下

SSL化をすると通常の接続方法とは異なり、HTTPS通信という次世代プロトコルという通信方法を用いることでよりレスポンスの速い通信が可能となります。
ネットにおいて繋がらない、表示速語が遅いことは、ユーザーに大きなストレスを与えます。
表示速度のスピードも、SEO対策に関わってきます。

セキュリティ面で盗聴のリスクがある

名前や住所、カード情報といった個人情報の漏洩の可能性が高くなります。
「保護されていない通信」という表示は、ユーザーにも不安感を与えます。

SEO対策

まだhttp://なら、リスクがたくさんあります。
常時SSL化は今すぐしておきましょう!

FLOWSSL化の手順

※サーバーの使用によっては異なることがあります

  • STEP.01
    SSL証明書を購入する
  • STEP.02
    SSL証明書の申請・設定を行う
  • STEP.03
    サーバー上のウェブページの「http」の記述を「https」に書き換える
  • STEP.04
    httpからのリダイレクト設定を行う
  • STEP.05
    アクセス解析ツールが必要な場合、設定を変更する
  • 何をどうしたらいいかわからない…
  • 失敗してサイトが表示できなくなったら困る…
  • きちんとできているか不安…

SSLの設定でしたらリアサポートにおまかせください。

他社で制作したホームページのSSL化も対応しております。
SSL設定だけでなく、ホームページのことならどんなことでもお問合せください。

新規でホームページを作成したい、
今あるホームページをWordPressにしたいなど、
ホームページのお困りごとはリアサポート沖縄までご相談ください。

メールでお問合せ 電話でお問合せ